爪水虫を治療する民間療法・イソジン

「イソジンって爪水虫に効くの?」

水虫の原因菌でありカビの一種でもある白癬菌。
この白癬菌が爪の中に入り込み、そこに棲みついて引き起こす感染症が爪水虫(爪白癬)です。
この爪水虫、一度罹ってしまうと完治するまではかなり厄介で、治癒までにかなりの時間と治療の根気を必要とします。
そのため、この爪水虫には多くのいわゆる「民間療法」的なものが存在します。
ここでは、その中でもわりとよく聞く「爪水虫にイソジンは効くのか?」ということについて考察していきたいと思います。

(1)「雑菌を殺す」という消毒には有効なイソジン
イソジンといえば、有名な消毒液で、転んだりした擦り傷などにつける用途が一般的の例の赤褐色の液体です。
また、うがい薬としても有名ですね。
さて、このイソジン。
民間療法として巷では、「水虫や爪水虫に効くらしい」という説があります。
本当でしょうか?
まず、イソジンというのは消毒液ですので、一般的な雑菌を殺して消毒するという効果はあります。
つまり、水虫や爪水虫に感染する以前の、ジメジメした靴の中の雑菌だらけの環境とか、水虫に今にもなりそうな雑菌だらけの臭い足とか
そういう場合の、殺菌消毒薬としては、イソジンは有効で効果的です。

(2)爪水虫にはほとんど効かないイソジン
しかし、それはあくまでも水虫や爪水虫に罹る前の状態に対しての殺菌消毒に有効、というだけであって、いったん水虫や爪水虫になった
人にはイソジンはほとんど無力です。
何故なら、イソジンは白癬菌などの真菌、いわゆるカビ菌には無力だからです。
白癬菌などの真菌(カビ菌)は、その対カビ菌に特化した薬でないと効かないのです。
ですから、爪水虫予防にはイソジンは有効とはいえますが、一度感染してからではほとんど無力という結論になります。
爪水虫に罹ってしまってからは、抗真菌効果の高いDr.G’sクリアネイルのような爪水虫に特化した塗り薬を使うことをオススメします。

爪水虫によって爪厚い?

「爪厚いと爪水虫なの?」

水虫の原因菌でありカビの一種でもある白癬菌。
この白癬菌が爪の中に入り込んで棲みついて引き起こす感染症が爪水虫(爪白癬)です。
爪水虫に罹ると、爪は見た目も色が混濁してきたり、爪が分厚くなったりして変形変質してきます。
ここでは、その変化の中で、爪が分厚くなるという症状や変化について考察していきたいと思います。

(1)爪厚いけど、爪水虫ではない場合もある
通常の健康な爪は、半透明で薄い桃色がかっていますよね。
それが、爪水虫に感染すると白や黄色に色が混濁してきたり、爪が分厚く変化してきたりします。
しかし、この爪厚い、という状態だけでイコール爪水虫と結論付けるのはいささか早計です。
非常によく似た爪が分厚くなる症状でも爪水虫ではない場合もあるからです。
すなわち、「別の病気」です。

その代表的なものが、厚硬爪甲(こうこうそうこう)という病気です。
この病気は、爪が硬く分厚くなり、どんどん白濁してゴワゴワした厚みを増した爪になって、爪の成長もものすごく遅くなる
というものです。
この症状が出ると、たいていは「爪水虫に感染したか」と思いますが、病院へ行って検査をしてもらうと、白癬菌が出てきませんので爪水虫
ではないと判明します。
ですから、このような症状が出た場合は自分で爪水虫と決めつけないで、まずは病院へ行き検査を受けましょう。

(2)爪水虫で分厚くなった爪の日々のケアについて
さて、爪水虫に感染し、爪が白濁して分厚く変質してきた場合には日々どのように爪のケアをしていけばよいのでしょうか?
以下に、簡潔に手順を述べていきます。

・白癬菌によって白濁して爪厚くなった部分をヤスリやルーターなどの削る器具を用いて正常な部分との境ギリギリのところまで
できるだけ丁寧に削り取ります。

・削った部分の上から、できればDr.G’sクリアネイルのようなよく効く塗り薬を塗布します。

・以上の工程を、毎日コツコツと継続します。

これが習慣になれば、分厚く混濁した爪も徐々に綺麗になり、爪水虫も治癒の方向へ向かいます。

20代で急増する爪水虫

「20代女性に爪水虫の患者が急増してるってホント?」

水虫の原因菌でありカビの一種でもある白癬菌が爪の中に入り込み、そのまま棲みついて引き起こされる感染症が爪水虫(爪白癬)です。
従来、水虫や爪水虫といえば、オジサン層を中心とした男性の病気というイメージが無かったですか?
それが、イメージに反して実際は女性が多く、しかも20代の若い女性の間で近年急増しているそうです。
ここでは、20代女性に増え続ける爪水虫の原因や対策を考察していきたいと思います。

(1)過剰なオシャレが仇に!?
近年、20代の特に女性に爪水虫の患者が急増している大きな理由として挙げられるがまずこの過剰なオシャレによる感染です。
10代、20代の若い女性では、定期的にネイルサロンに通ったり、自宅でもマメに爪のお手入れをしている人は多いですよね。
特に付け爪やジェルネイルは時間が経つと、硬くなったジェルとかスカルプチュアが浮いた状態になって、隙間が大きくあいたままになってしまい、
その大きく浮かした爪の隙間から様々な雑菌が入り込みやすくなってしまうのです。
そこに、緑膿菌が入り込んだら、緑膿菌感染症、いわゆるグリーンネイルに、白癬菌が入り込んだら爪水虫(爪白癬)に感染してしまうのです。
日本の若い女性に爪水虫が急増している理由はほとんどがコレで、加えてOLや働く女性層になると、一日中密閉された靴やブーツを履いている
時間が長い、男性のサラリーマンと同じ感染環境が加わります。
今や特に爪水虫は、女性の病気といっても過言ではないぐらい実際は女性の方が増えているのです。

(2)爪水虫に罹ってしまうとネイルサロンの利用が規制されます
このような経緯で、急増している20代女子の爪水虫患者ですが、爪水虫に感染してしまうと、日本においてはネイルサロンでの爪のケアやサービス
を受けられなくなるケースが普通です。
日本のネイルサロンは厚生労働省のガイドラインに沿った衛生管理を遵守しなくてはいけません。
爪白癬などの感染症に対しては厚生労働省の基準では厳重な管理をしなければケアを行ってはいけません。
なので、爪水虫やグリーンネイルに感染したとわかった女性は、速やかにネイルサロン通いを中止し、病院の皮膚科へ来院して専門の医師に
見てもらう必要があります。
あとの治療方針は、医師の処方に従ってください。

ポイントは「行き過ぎたオシャレは注意が必要」ということです。

爪水虫の治療に使うローション

「爪水虫の治療に使うローションってどんなの?」

水虫の原因菌でありカビの一種である白癬菌。
この白癬菌が爪の中に入り込み、そのまま棲みついて引き起こされる感染症が爪水虫(爪白癬)です。
この一度罹ってしまうと治療が厄介で、完治の難しい病気にはたくさんの治療方法があります。
ここでは、その中でも一般的な治療法である、ローションを塗布する治療法と代表的なローションについて考察していきたいと思います。

(1)ニゾラールローション
水虫・爪水虫の代表的なローションといえば一般的にはこのニゾラールローションですね。
真菌の増殖を抑える抗真菌作用があり爪水虫にもよく使用されるローションです。
塗る前に患部を綺麗に洗ったり、拭き取ったりなどしてから、ローションをよく振り一日2回患部に塗布します。
副作用もあり、ニゾラールが合わないと、患部がじくじくして症状がさらに悪化する場合もあります。

(2)ラミシールローション
真菌の増殖を抑えこんで、殺真菌作用を高めたこのラシミールも爪水虫によく処方されます。
一日1回患部に塗布しますが、このローションに含まれているアルコールが敏感な部分を刺激する場合があります。
アレルギー体質の人などは使う際に十分な注意が必要でしょう。
副作用は、皮膚がかぶれたり、痒みや紅斑が出たりする場合があります。

(3)ドクターズチョイス チモールリキッド
アメリカで大人気のDr.G’sクリアネイルと併用して使うローションタイプで効用が著しいと評判なのがこのチモールリキッド。
チモールとは別名をタイムともいうハーブで強い殺菌作用があります。
これに含まれるウンデシレン酸が、きわめて副作用の少ない抗真菌作用を持ちます。
これを一日2回、爪と指の間から塗って浸透させます。
毎日塗っても副作用がほとんど出ないという優れものでもあります。

爪水虫を即効で治すことはできるか?

「爪水虫を即効で治せるの?」

水虫の原因菌でありカビの一種でもある白癬菌が爪の中に入り込み、そのまま棲みついて引き起こす感染症が爪水虫(爪白癬)。
この一度感染してしまうと完治するのが困難で時間も根気もいる病気を即効で治す方法はあるのでしょうか?
ここでは、即効で治せる方法があるのか?また無ければどうすればできるだけ早く治癒できるのか?を探っていきたいと思います。

(1)「即効」で治すことは無理?
まず、爪水虫の段階によります。
初期の段階なら、「即効」とは言いませんが比較的早く治癒させることは可能です。
ですが、爪水虫の場合にはその性質上、爪の中に白癬菌が入り込んでいますので、完治するには最低でも爪が生え変わる
サイクルを待たなくてはなりません。
爪が新しく生え変わるには、最低でも3か月~6か月はかかりますので、その期間はコツコツと治療を続ける必要があります。
ですから、文字通りの「即効」で治す方法は爪水虫には無いと思っていいでしょう。

(2)「即効」は無理でも「できるだけ早くキッチリ治す」には?
上で述べた通り、爪水虫にはいわゆる「即効」で治すような方法は無いのですが、それでもコツコツ毎日続ければ極力早く完治に持っていける
方法はあります。
アメリカで特許を取り、その抜群の効果でベストセラーにもなっている爪水虫の塗り薬『Dr.G’sクリアネイル』を毎日使用することです。
これは、有効成分であるトルナフタートが爪の上からでもジワジワと浸透していき患部まで届いて効く、というもので、一日2回塗っていくと
日を追うごとに効果が現れてきます。
爪の形状によっては、前項で紹介したルーターで爪の分厚くなったり混濁した部分を削り取った上から塗布したりするとより効果的でしょう。
こちらの『Dr.G’sクリアネイル』は以前は病院の皮膚科や特殊なネイルサロンを通してしか入手できなかったのですが、最近では一般の薬局でも
市販されるようになったようです。
もちろん、ネット通販サイトで直接入手することも可能です。

爪水虫の治療にルーターなどを使用するケース

「爪水虫の治療にルーターを使う場合どんな感じで治療するの?」

水虫の原因菌でありカビの一種である白癬菌が爪の中に入り込み、そのまま棲みついて引き起こす感染症が爪水虫(爪白癬)。
この一度感染してしまうと完治するのがなかなか面倒な病気には、様々な治療法があります。
ここでは、主にルーターなどの道具を使って爪水虫を治療するにはどうすればよいのか?などを考察していきたいと思います。

(1)ルーターとはなにか?
ルーターというのは、電池式になっているドリルのことです。
モーターの付いた電池を入れる本体の部分と、先端のアタッチメントを装着するアタッチメント部(+アタッチメント)が
セットで販売されているのが一般的です。
ホームセンターや家電量販店などで売られていて、価格は安いものでは1000円程度で売られています。

(2)ルーターはどんな爪水虫にどんな時に使うの?
爪水虫でも色々な症状がありますが、特に爪甲剥離と呼ばれる、爪に楔形に白濁が入って分厚く浮き上がったケースでは、内服薬も効かず
かといって、爪の形状から塗り薬もなかなか幹部まで届かない治療困難な事態に陥ります。
そんな時に、このルーターがあると助かるのです。
このようなケースでは、爪が混濁している部分や、分厚く浮き上がっている部分を、電動ドリルであるルーターでガリガリゴリゴリと削り取って
しまってください。
尚、患部ですので作業はできるだけ丁寧に。
また、削った爪は白癬菌の塊なのでキレイに始末してください。くれぐれも飛び散らさないように。

(3)削り取った後の仕上げはDr.G’sクリアネイルで
さて、こうして綺麗にルーターで爪を削り取ったら、塗り薬を患部に塗ると効果が上がります。
中でも、有効成分であるトルナフタートが爪の上からジワジワと浸透することで定評のあるDr.G’sクリアネイルを
塗ると治療効果が高くなるでしょう。

爪水虫の飲み薬にかかる一般的な費用について

「爪水虫を飲み薬で治したいんだけど、費用はだいたいどれぐらいかかるの?」

水虫の原因菌であるカビの一種、白癬菌が爪の中に入り込み
棲みつくことで引き起こされる感染症が爪水虫(爪白癬)。
爪水虫(爪白癬)は、一度罹ってしまうと、治癒が厄介な感染症の一つです。

様々な治療法がありますが、大きく分けて患部に塗り薬を塗布して治療するものと、
主に病院で処方してもらう内服薬(飲み薬)による治療に大別できます。
ここでは、後者の飲み薬による爪水虫の治療とその費用について考察していきたいと思います。

(1)一般的に使用される内服薬(飲み薬)は2種類
爪水虫の場合、硬い爪の上に塗り薬を塗ってもDr.G’sクリアネイルのように特殊な浸透効果のあるものを除けば、
なかなか爪の下の患部まで薬効成分が浸透しにくいのが一般的です。
そこでよく用いられるのが、内服薬(飲み薬)で身体の内側から治療する方法です。
一般に、よく使われる飲み薬は2種類です。

一つ目は、テルビナフィンで、これは一日に一回(一錠)を飲み、最低6ヶ月服用を継続する必要があります。
二つ目は、イトラコナゾールで、これは、いわゆる「パルス療法」で使用します。
これは、朝4カプセルと夜4カプセルの合計8カプセルを一週間毎日飲み続け、その後三週間飲まずに休止します。
この四週間を1クールとし、このクールを三回、すなわち3クール実行していきます。

(2)こういう人は内服薬(飲み薬)は不可
肝臓の機能に障害のある方は、抗真菌薬による副作用である嘔吐や腹痛、不快感などが特に強く出やすいために、飲み薬の服用を
行うことはできません。肝機能障害については本人の自覚症状がない場合も多いので、病院へ行き治療法を相談した際に、血液検査を
実施して、肝機能のチェックをしている病院がほとんどです。

(3)飲み薬の費用は?
病院で処方される内服薬(飲み薬)には、保険が適用されます。
具体的な費用は、薬の種類により幅がありますが、三割負担の保険適用で、だいたい一月にかかる飲み薬の費用としては
4000~13000円ぐらいのようです。
少々お高い感じはありますね。

爪水虫のクリアネイルによる治療と完治

「Dr. G’s クリアネイルを毎日塗り続ければ自宅で爪水虫は完治するの?」

水虫の原因菌である白癬菌が爪の内部に入り込み、棲みつき繁殖して引き起こされる感染症が爪水虫(爪白癬)ですが、この感染症は一度罹ってしまうと完治
するのは難しいと言われています。
長い治療期間と根気が必要となるからです。
専門の病院に通い、処方してもらう薬(飲み薬)を飲み続けて完治を目指す方法と、自宅で塗り薬を自分で塗って根気強く治していく方法がありますが、
ここでは塗り薬の中でも、アメリカでナンバーワンの人気と実績を誇るDr. G’s クリアネイルを自宅で毎日塗って完治を目指す方法について考察したいと思います。

(1)具体的にどれぐらい塗り続ければ「完治」できるのか?
ズバリ、その期間は2年ぐらいだと言われています。
Dr. G’s クリアネイルを使い始める前の爪水虫の症状の程度にもよりますが、一般的に重い方の症状で使い始めても、だいたい2年使い続ければ
完治を目指せるそうです。
最初の段階であまりも重度で歩行も困難というような状態であれば、自宅治療は適していません。
ただちに専門医に診てもらい、その処方の薬と治療方針に従ってください。

しかし、それ以外のケースにおいては、Dr. G’s クリアネイルはとても有用な効果を上げ、根気よく毎日2回塗り続けていれば、2ヶ月、3ヶ月・・半年
という具合に着実に治療効果を上げ改善していきます。

(2)治ったと思っても油断は禁物!
水虫の原因菌である白癬菌はしぶとくしつこいのです。
Dr. G’s クリアネイルをずっと塗り続け改善していき、「もう治った!」と思ってそこで塗るのを止めてしまうと、また爪水虫は再発して
しまうケースがとても多くあります。

ですから、完治するポイントとしては、
爪の形状や色合いが完全に元に戻って「治った」と実感しても、そこから更に半年はDr. G’s クリアネイルを気を抜かずに毎日塗り続けてください。
そうすれば再発のリスクも大幅に軽減し、限りなく完治に近い状態になります。

その期間を含めて「完治まで2年」ということなのです。

Dr. G’s クリアネイルで根気強く頑張って完治を目指してください!

爪水虫の治療と経過についての考察

「爪水虫を塗り薬で治療を始めたらどういう経過で改善されていくの?」

水虫の原因菌である白癬菌が爪の内部に入り込み、棲みつき増殖することによって引き起こされる感染症が爪水虫(爪白癬)ですが、一度罹るとけっこう
な時間とこまめな努力、手間を要する治療が必要になってきます。
その中でも、病院に通わず自宅で塗り薬の治療薬を使って治療していく方法に絞って、ここではその治療の経過についての一般的な考察を
アメリカでナンバーワンの人気と評判を誇る爪水虫の塗り薬Dr.Gクリアネイルを毎日塗った治療例で進めていきたいと思います。

(1)Dr.Gクリアネイルを購入~10日程度の経過
まずDr.Gクリアネイルを塗りやすいように、爪ヤスリやニッパーで爪を削ったり整えたりしてから塗布します。
毎日2回ほど塗っていくと、1週間~10日ほどで、黒く変色していた部分の爪の色がだんだん綺麗になって黒い部分が
とれてきます。

(2)Dr.Gクリアネイルを購入~1ヶ月経過
爪にピンク色の部分がはっきりわかるほど現れてきたり、爪の根元部分に本来あった、半月系の白い部分が復活してきたりする改善が見られる
ようになります。

(3)Dr.Gクリアネイルを購入~2ヶ月経過
ピンク色の部分が増えていき、爪の黄色く変色した部分がだいぶ後退していく改善が見られるようになります。

(4)Dr.Gクリアネイルを購入~5ヶ月経過
爪自体の色や形態・形状が、爪水虫に感染する前の状態にだいぶ近いところまで戻る改善が見られる時期です。
少し良くなってきたからといってこの時期にDr.Gクリアネイルを塗るのを止めてしまうと、すぐもとに戻ってしまうので
油断は禁物の時期です。

(5)Dr.Gクリアネイルを購入~6ヶ月経過
このDr.Gクリアネイルを使い始めてから6ヶ月というのが一つの経過の目安になります。
もちろん、まだ完治はしていませんが、もうこの時期には見た目の形状や色も相当改善してきたのが実感できる時期です。
新しい爪もだいぶ生えてきて、このまま治療を続ければ完治という希望が見えてくる時期です。

爪水虫の外用薬の塗り方

「爪水虫によく効く外用薬の塗り方とか教えて!」

水虫の原因菌である白癬菌が爪の内部に入り込み、棲みついて増殖することによって引き起こされる感染症が爪水虫(爪白癬)ですが、この根治までなかなかの
根気と時間を要する厄介な病気の治療の仕方としては大きく分けて2つに分かれます。
専門の皮膚科を訪れて処方してもらった薬(主に飲み薬)で治療していく方法と、市販の塗り薬の治療薬で自宅で根気よく治療していく方法です。
ここでは後者の自宅で治療していく方法で、とりわけよく効くと評判の塗り薬Dr. G’sクリアネイルの塗り方などについて考察していきたいと思います。

(1)Dr.G’sクリアネイルの塗り方
Dr.G’sクリアネイルはアメリカで特許を取得している、トルナフタートという有効成分が抜群の浸透能力を発揮します。
このため、爪水虫のような爪の内部の深いところに患部があっても、爪の上から塗って、それがじわじわゆっくり深くまで浸透していき
効くのです。

なので、塗り方としては、爪の上及び、爪と皮膚の間に塗ります。
これを1日2回毎日続けていきます。

(2)チモールリキッドと併用して塗ると相乗効果
チモールとはシソ科ジャコウソウのことで別名タイムと呼ばれる薬草です。
このハーブは昔から強い殺菌作用を持つことで知られています。
チモールリキッドとは、Dr.G’sクリアネイルと同じ製造元がこのチモールから抽出して作った治療薬で、Dr.G’sクリアネイルと併用して
使うと、治療に相乗効果を上げます。
Dr.G’sクリアネイルは、爪の上から塗って、有効成分のトルナフタートが爪の下まで浸透して効いていきますが、このチモールリキッドは
爪と指の間からダイレクトで白癬菌に向けて塗るようにします。
こちらはチモールの持つ強い殺菌成分とアルコールの力で直接白癬菌を殺すのです。

爪水虫が重い方には是非、このDr.G’sクリアネイルとチモールリキッドの併用をおすすめします。

チモールリキッドもDr.G’sクリアネイルと同じところから通販で購入できます。