爪水虫の治療にワセリンは効くか?

「爪水虫の治療にワセリンは有効??」

水虫の原因菌でありカビの一種でもある白癬菌。
この白癬菌が爪の中に入り込み、そのまま棲みついて引き起こす感染症が爪水虫(爪白癬)です。
この一度感染してしまうと、完治するのに時間も治療の根気も要する厄介な病気には、実に様々な治療法が存在します。
ここでは、その中の一つである「ワセリンは爪水虫の治療に有効か?」
という点に絞って考察していきたいと思います。

(1)ワセリンとは?
ワセリン(Vaseline)は一般固有名詞化していますが、実はユニリーバの商標名です。
石油から精製した化合物で、パラフィンを含みます。
一般的な用途としては、皮膚の表面にワセリンを塗って油膜を張り、
角質層からの水分の蒸発を防ぐといったモイスチャライザー
いわゆる保湿クリームとして使われています。

(2)爪水虫へのワセリンの使い方
爪水虫にこのワセリンを使用する例として一般的なのは、ワセリンを爪に塗布した後で、ラップ等で密閉するという閉鎖療法(ODT)
が有名なようです。
こうすることで、爪が柔らかくなり削りやすくなるというメリットがあります。

(3)ワセリンによる副作用
ワセリンは使い方を注意しないと思わぬ副作用をもたらすこともあります。
まず、油分が過剰になり、空気中の雑菌を引き寄せやすくなり、感染症や肌荒れを起こしやすくなるという点。
次に、使う量が多くなると、肌の本来の働きが鈍ってきて、新陳代謝が低下します。
その結果、非常に肌が乾燥しやすくなり、患部周辺の皮膚がポロポロ、スカスカになってしまったりすることがあります。

(4)ベストな使い方
ワセリンの上手な使い方は、上に述べた閉鎖療法と並行して、柔らかくなった爪に、
Dr.G’sクリアネイルのようなよく効く塗り薬を使うことでしょう。
こういう使い方なら、相乗効果でより早く爪水虫の症状は改善していくと思われます。

爪水虫は爪を剥がせば治るのか?

「爪水虫って爪を剥がせば治るってホント??」

水虫の原因菌でありカビの一種でもある白癬菌。
この白癬菌が爪の中に入り込み、そのまま棲みついて引き起こす感染症が爪水虫(爪白癬)です。
爪水虫というのは一度感染すると根治に時間も治療の根気も要する厄介な病気です。
そのため、様々な治療法が存在しますが、ここでは、その中でも特に昔はけっこう行われていたといわれる
「爪水虫は爪を剥がせば治る?」という説について考察していきたいと思います。

(1)方法としてはアリだがオススメできない
要するに、爪水虫という病気は皮膚に白癬菌が巣食う水虫と違い、白癬菌が爪の内部まで入り込んでそこに棲みついてしまうため
「薬が患部まで届かない」という理由が最大なわけです。
そのために、昔は患部に直接薬効成分を効かせるために、皮膚科で爪を除去する手術を施し、
そのむき出しになった患部に薬を塗って治したという事実はあるようです。

しかし、これはあくまでも、患部への有効な効果を持った
薬の開発されていなかった昔の時代のことで、現代においてはあまりオススメできる方法ではありませんね(笑)。

現代は、そんなリスクを冒さなくてもよく効く薬が内服薬はもちろんですが、
副作用の無い外用薬(塗り薬)でも開発されているからです。

(2)「爪をわざわざ剥がさなくても」爪の上からジワジワ浸透する塗り薬
今の時代は、爪を剥がして患部に薬を塗らなくても、爪の上から塗布するだけで、
爪の下の患部までジワジワ浸み込んで効く画期的な塗り薬があります。

Dr.G’sクリアネイルという外用薬です。

これは、アメリカで特許を取った有効成分のトルナフタートが爪の上からでも確実に浸透していき、
爪の内部の患部に巣食った白癬菌を殺して撃退するといった優れものです。

これを一日2回爪の上から塗れば、現代ではわざわざ爪を剥がさずとも、
塗り薬で爪水虫の治療ができる時代になったのです。

爪水虫か?メラノーマか?

「爪水虫じゃなくメラノーマ??」

水虫の原因菌でありカビの一種でもある白癬菌。
この白癬菌が爪の中に入り込み、そのまま棲みついて引き起こす感染症が爪水虫(爪白癬)です。
この爪水虫に感染すると、初めは痛みや痒みといったような自覚症状はほとんどないのですが、
爪の形状が変化したり、爪の質や色が変化変質してきたりします。
ここでは、その中でも、爪に黒い点や黒い筋ができてくる場合の爪水虫と類似した形態を示すまったく別の病気メラノーマについて考察していきたいと思います。

(1)爪水虫か?それとも…
爪水虫は、白癬菌が爪の内部に棲みつきますから、爪の形状や色に様々な変化変質を与えます。
一般的には爪が肥厚してゴワゴワになってきたり、爪の色が白濁したり黄色く混濁したり、といったものが多いです。

他にも爪に黒い点が出てきたり、黒い筋や黒っぽく変色してきたりといった変化もまま見られる爪水虫の症状です。
しかし、この黒く変色する症状は、爪水虫ではなくまったく別の病気の可能性もあります。
それがメラノーマ(悪性黒色腫)という病気です。

(2)爪の黒い部分がどんどん増えてくるようであれば、ただちに病院へ
悪性黒色腫は、皮膚がんの一種です。
黒い点や黒線や班が出てくる場合、爪水虫との大きな違いがあります。

それは、黒く変色している部分の境界線の部分がメラノーマの場合には
「ぼやけていたり、墨が染みだしているよう見える」という点です。
この場合には、悪性黒色腫の可能性が高くなります。

この他、メラノーマは黒く変色した部分がどんどん大きく広がってきて
爪全体が黒く変色していくので、黒い部分が大きくなって
きたな、と思ったらただちに病院へ行って検査を受けてください。

やってはいけないことは、黒い斑点や線を気にして、自分でヤスリなどで削り取ってしまうことです。
メラノーマなら、そういった刺激を与えることで致命的に症状が悪化してしまうことがあるからです。

黒い部分がある場合には、爪水虫だと早計しないで、必ずすぐに病院へ行って診てもらってください。

爪水虫の白癬菌を殺菌する方法

「爪水虫の原因菌を殺菌するにはどうすればいいの?」

水虫の原因菌でありカビの一種でもある白癬菌。
この白癬菌が爪の中に入り込み、そのまま棲みついて引き起こす感染症が爪水虫(爪白癬)です。

これらは全て爪の内部に入り込んで、なかなか殺すことができない白癬菌の仕業で、
皮膚表面と違い、爪の内部に寄生されているとそこまで薬を効かせることは困難なるが故です。
ここでは、そんな爪水虫の白癬菌を殺菌する効果的な療法を探っていきましょう。

(1)「殺菌力」に着目すればラミシール内服薬が優れているが…
上記のような理由で、皮膚の水虫より白癬菌の根絶の難しい爪水虫。

一重に、原因菌である白癬菌の棲みつく場所に薬が届きにくく殺菌しづらいという事情が関係しているわけです。
そこで殺菌力に目をつければ、有効な薬はあります。
主に病院で処方されるラミシール内服薬です。(外用薬もあります)

このラシミールは特に殺菌力が強力で、基本的には飲み薬として
爪水虫が完治するまで飲み続け、身体の内側から白癬菌を殺菌していくというやり方です。

しかし、これには大きな問題点があります。
ラシミール内服薬はその強力な殺菌力でもわかる通り非常に強い薬であり、
それを爪水虫が根治するまでの長期間飲み続けるというのは身体、とりわけ肝臓に大きな負担がかかるのです。

副作用として、各種の肝機能障害や血小板減少といった厄介な症状を起こすリスクが高いのです。
もちろん、検査の段階で肝機能に問題のある方や妊婦の方は最初から服用は不可です。

(2)副作用やリスクのない塗り薬で殺菌に成功したDr.G’sクリアネイル

では副作用の怖いラシミール内服薬に頼らず、安全安心に使える
副作用の無い外用薬だけで白癬菌を殺菌する方法や薬はないのでしょうか?
その問題を解決する画期的な外用薬(塗り薬)がDr.G’sクリアネイルです。

このDr.G’sクリアネイルはアメリカで特許を取った有効成分トルナフタートによる
硬い爪の上から塗布してもジワリジワリと爪の下の患部まで
浸透していくという独自の浸透技術によって、
塗るだけで内服薬のような強力な殺菌効果を発揮するのです。

嬉しいのは、外用薬(塗り薬)なので、飲み薬のような副作用はなく、
肝機能に障害のある方や妊婦の方でも安全に使用できるという点です。

爪水虫を治す塗り薬

「爪水虫を塗り薬だけで治すには、具体的にどの薬が良いの?」

水虫の原因菌でありカビの一種である白癬菌。
この白癬菌が爪の中に入り込み、そこに棲みついて引き起こす感染症が爪水虫(爪白癬)です。
この爪水虫は、爪の中に白癬菌が隠れて増殖してしまうので、一般的には内服薬(飲み薬)での治療の方が効果的とされています。
しかし、ここではあえて、飲み薬に頼らない、「塗り薬のみで爪水虫を完全に治す」という方向性で考察していきたいと思います。

(1)副作用もなく、しかも「確実に患部に効く」塗り薬とは?
爪水虫(爪白癬)は、爪の内部に白癬菌が棲みついて増殖する病気なので、
一般には塗り薬は患部までほとんど届かず無力とされて、内服薬(飲み薬)に頼らないと根治は困難だとされてきました。
しかし、この飲み薬(病院で処方されます)も問題があり、それはとても強い薬なので、副作用が出るという点です。
ですから、たとえば、肝機能に障害を持っている方や妊婦の方などは爪水虫に罹っていてもこの内服薬を飲むことはできません。
危険だからです。

そこで、塗り薬だけで爪水虫を根治できないか?と長らく渇望されてきたのです。

そんな折にアメリカで画期的な爪水虫の外用薬(塗り薬)が開発されました。
それが、Dr.G’sクリアネイルです。

(2)特許技術の「抜群の浸透力」により薬効が患部に浸透
Dr.G’sクリアネイルの画期的な点は、その浸透性の高さにあります。
それは、有効成分であるトルナフタートが硬い爪の上からであっても
ジワジワと爪の下の患部まで確実に浸透していくというものです。

この効果によって、爪の下(内部)に棲みついて潜んで暴れていた
白癬菌のもとに浸透してたどり着きこの白癬菌を撃退してくれるのです。

この革命的な塗り薬の出現で、病院に通わず飲み薬に頼らず、
自宅でDr.G’sクリアネイルを塗るだけで爪水虫の根治が可能になったわけです。

おまけに、Dr.G’sクリアネイルは外用薬(塗り薬)なので、肝臓にも負担にならず、飲み薬のような副作用の心配もありません。
肝機能障害はじめ他の疾病で投薬している方々や妊婦さんも安心してできる治療薬です。

爪水虫で腫れのあるケースについて

「爪水虫で腫れの症状が出る場合はどうなの?」

水虫の原因菌でありカビの一種である白癬菌。
この白癬菌が爪の中に入り込み、そこに棲みついて引き起こされる感染症が爪水虫(爪白癬)です。
この爪水虫、罹ってはじめのうちはほとんど自覚症状がないので、
気付きにくいことでも知られていますが、症状が進んだり、
悪化したりしてくると、色々な症状が出てきます。

ここでは、その内の「腫れ」などについて考察していきたいと思います。

(1)白癬菌によって荒らさされた患部に「別の黴菌が…」!?

白癬菌が爪の中に入り込んで増殖し爪水虫になっても痛かったり、
痒かったりといういわゆる自覚症状のようなものは爪水虫ではほとんど初期においては起こらないと言われます。

そのため、爪が変形して肥厚したり、爪色が白濁したり混濁してきて
初めて爪水虫に罹ったことに気が付く人も多いぐらいです。

ですが、この白癬菌によって爪がポロポロになったり周辺の皮膚組織が破壊されて割れたりしたところに、
白癬菌以外の悪さをしでかす黴菌が入ってくるのが厄介なのです。

この黴菌の代表例がブドウ球菌などで知られる化膿菌です。

白癬菌によって爪や周囲の皮膚が荒れたり綻びたりしているところが
この化膿菌にとっては格好の侵入口になってしまうのです。
そして、この化膿菌の侵入を許すと、たちまち患部が炎症を起こし、熱を持ち腫れてきます。

「爪水虫で腫れる」というケースはほとんどがこれです。

症状が進むと、腫れが酷くなりあまりの痛みに歩行さえ困難になってきます。

(2)歩行困難などになる前に病院へ
上に述べたように、爪水虫で荒れた患部に化膿菌が入り込むと
どんどん腫れ、重症化し、歩くたびにズキズキ痛むようになってしまいます。
最悪の場合は、この化膿菌足の指が腐り、壊死してしまうケースもあります。
これは、爪水虫の患者が糖尿病を患っている場合などに見られます。
その場合は、最悪、足を切断しなくてはならなくなったりするので、十分な注意と用心が必要です。

とにかく、爪水虫に罹って治療してる途中で、足指に少しでも腫れや痛みを感じたなら、
できるだけ早く病院へ行き診察と検査を受けてください。

場合によっては入院を余儀なくされる場合もあるかもわかりませんが、手遅れになるよりは良いでしょう。

妊娠中の爪水虫の治療について

「妊娠中に爪水虫に感染してしまったらどう治療したらいいの?」

水虫の原因菌でありカビの一種でもある白癬菌。
この白癬菌が爪の中に入り込み、そこに棲みついて引き起こす感染症が爪水虫(爪白癬)です。
この罹ってしまうと完治の難しい感染症は、年齢性別を問わず、誰でも感染する可能性はあります。
ここでは、妊娠中の妊婦さんが爪水虫に罹ってしまった際には、
どう治療していけばよいか、などを考察していきたいと思います。

(1)妊娠したら基本的に内服薬(飲み薬)NG
爪水虫には誰でも感染するリスクはありますが、妊娠している妊婦さんの場合には
お腹の胎児への影響を十分に配慮しなければいけませんよね。
爪水虫には、大きく分けて、病院に通い内服薬(飲み薬)を処方してもらいそれを飲んで治す、という方法と、
病院へは通わず自宅で外用薬(塗り薬)によって治すという方法の2種類があります。

結論から言えば、妊娠中の爪水虫患者には内服薬(飲み薬)は不可です。
なぜなら、爪水虫の飲み薬はとても強く、身体に様々な副作用をもたらすリスクが高いからです。
母体にも悪い副作用ですが、まして、お腹の中にいる赤ちゃんに
深刻な悪影響を及ぼしかねない内服薬は危険なのです。

ですから、必然的に、妊娠中に爪水虫に罹ってしまったら、副作用のない塗り薬で治療していく、という方法になります。

(2)妊娠中に完治に向かわせようとするのか?はたまた、妊娠中は病状の進行を抑えるだけか?
これは妊婦さんの考え方によって変わってきます。

上の後者の妊娠中は、本格的な治療でなくてもいいからとにかく
爪水虫の病状の進行だけを抑えて、出産した後に内服薬等でガッチリ治療したい、というのであれば、
出産までは市販の塗り薬を用法に応じて塗ればよいと思います。

前者の、妊娠中だけど、本格的に治療して爪水虫を完治に向かわせたい、
と思う妊婦さんであれば、塗り薬を効果の高いものに厳選する必要があります。

この場合には、アメリカで特許を取り独自の浸透技術で、
人気を博している外用薬のDr.G’sクリアネイルなどがオススメでしょう。
この薬なら妊娠中でも本格的に治療効果が狙えますし、安心安全で副作用もなく、
母体やおなかの赤ちゃんへの悪影響も考えなくて済みますね。

爪水虫を塗り薬で治せるか?

「爪水虫って塗り薬で治るの??」

水虫の原因菌でありカビの一種でもある白癬菌。
この白癬菌が爪の中に入り込み、そのまま棲みついて引き起こす感染症が爪水虫(爪白癬)です。
爪水虫には、様々な治療法がありますが、大別すれば、
皮膚科などの病院へ通いそこで処方してもらう内服薬(飲み薬)で治す治療法と、
病院へ行かず外用薬(塗り薬)で治療していく方法の2つに分かれます。
ここでは、後者の塗り薬によって爪水虫は治せるのか?という点に絞って考察していきたいと思います。

(1)副作用があるにも関わらず爪水虫に内服薬(飲み薬)が支持される理由
一般的に、爪の内部に白癬菌が入り込んで繁殖してしまう感染症である爪白癬には、
塗り薬よりも病院で処方される内服薬(飲み薬)を治療にあてる患者さんは多く、
またその方が効果的だと言われます。

それはなぜでしょうか?

一般的には、
「皮膚に直接巣食う水虫と違い爪水虫は硬い爪の奥(中)に
白癬菌が寄生しているので、塗り薬では薬剤の有効成分が爪の中まで浸透しづらい。」
「爪の表面を覆っている皮脂層が塗り薬を塗っても、
その脂で薬を弾いてしまって塗り薬の薬効成分が浸透しづらい。」

という理由のためです。

そのために、強い薬で副作用はあっても、
身体の内側から患部に確実に効かせる内服薬(飲み薬)による治療法を選択する患者さんが多いのです。

(2)しかし、近年では塗り薬にも革命が…!
上に述べたような理由で、「塗り薬だけでは爪水虫を治すのはむずかしい」といわれていたのが今までの定説でした。
ですが、近年、アメリカにおいて画期的な特許技術によって、塗り薬に革命をもたらした商品が出現しています。
Dr.G’sクリアネイルです。

これは、塗り薬にも関わらず、有効成分トルナフタートが爪の上から塗布しても
ジワジワと下の層の患部まで浸透していき、白癬菌を殺していくという優れものなのです。

この特許技術を発明したのが、Kenneth B.Gerenaich博士なので
そのイニシャルからDr.G’sクリアネイルと命名された塗り薬です。

この薬なら、内服薬に頼らなくても塗り薬だけで爪水虫の治療が可能です。
おまけに、内服薬のような副作用なく安全であり、肝機能に障害のある方や妊婦さんでも使用可能です。

爪やすりなどを使った爪水虫の治療について

「爪水虫治療に爪やすりを使うと効果的?」

水虫の原因菌でありカビの一種でもある白癬菌。

この白癬菌が爪の中に入り込み、そのまま棲みついて引き起こす感染症が爪水虫(爪白癬)です。
この一度感染すると完治するのに時間も、治療の手間も根気も要する厄介な爪水虫には
様々な治療法があり、内服薬(飲み薬)で治療したり、外用薬(塗り薬)で治療したりします。

ここでは、外用薬で治療していく際に併用することもあるツールである、
爪やすりの使用について考察していきたいと思います。

(1)外用薬をより患部まで浸透させるためのツール
爪やすりを使用する目的は、外用薬(塗り薬)の効果をより高める用途です。
白濁したり肥厚した爪を、金属製の爪やすりで削っていくのです。
削り方としては、患部の部位(混濁したり肥厚した部位)
を半分~1/3程度づつ毎日綺麗に削り取っていくのが良いです。

ポイントとしては、健康な正常部分の爪と、白癬菌に犯された患部の爪の境ギリギリのところまで
丁寧に綺麗に削り取る、ということです。

ギリギリの際まで削り取ることにより、その後に塗布する外用薬が、
最も効率よく塗れて幹部へ最大限に浸透しやすくなるのです。

(2)丁寧に削り取った後は、より効果的な外用薬で!
爪やすりで丁寧に、綺麗に肥厚混濁した爪を削り取った後は、
外用薬(塗り薬)を塗布して日々の治療の仕上げとします。
この際の外用薬として最も効果的だろうと思われオススメなのは、
アメリカで特許を取った独自の画期的な浸透能力に優れた
Dr.G’sクリアネイルです。

この塗り薬は、有効成分であるトルナフタートが、
爪の上から塗布してもジワリジワリと確実にその下の層の患部まで浸透していくのです。

この薬を、爪やすりで際まで削った後の患部の上の爪に一日2回塗れば、
外用薬治療としては最大限の効果を上げられることでしょう。

爪水虫の治療薬の副作用について

「爪水虫の治療薬の副作用について教えて!」

水虫の原因菌でありカビの一種でもある白癬菌が爪の中に入り込み、
そこに棲みついて引き起こす感染症が爪水虫(爪白癬)です。

爪水虫は、一度罹ると完治するまでに時間も治療の根気も要する
厄介な感染症ですが、様々な治療法や治療薬が存在します。

ここでは、その治療薬を使用(服用)した際におこる
副作用の代表的なものを考察していこうと思います。

(1)飲み薬(内服薬)における代表的な副作用
爪水虫(爪白癬)は、完治に時間がかかり根治が難しいことから、
外用薬(塗り薬)だけでなく、内服薬(飲み薬)に頼って治療する患者さんも多く存在します。

飲み薬は基本的に、市販の薬はなく、病院へ行き医師の処方に従って出されたものを飲みます。
現在日本の病院において出される爪水虫の内服薬は大きく分けて2種類で、
テルビナフィンとイトラコナゾールのどちらかです。

まず、そもそも医師の処方が必要なほど内服薬は強い薬ですから、
病院で薬を服用しても良いかどうかの検査を受けます。
病気を患っていて現在その病気の治療のために薬を飲み続けている人、
肝機能障害のある人、妊婦、この三者はまず爪水虫の治療内服薬を服用することはできません。

その事前の検査をクリアして、内服薬を服用しても大丈夫とされた人でも、
強い薬ですのでさまざまな副作用が出るケースも多いです。
一般的な症状としては、テルビナフィンに場合には、だるさや倦怠感、
場合によっては発熱したり、酷いケースでは肝機能に障害が出たりします。

イトラコナゾールの一般的な副作用の症状は、吐き気がしたり、
下痢になったり、赤い発疹が出て痒みが出たりします。
酷い場合には、肝機能に障害が出たり、心不全を起こす場合もあります。

(2)副作用のない安全な治療法は?
これほど強い薬で副作用が出るリスクがあるにも関わらず内服薬が
爪水虫の治療に処方される理由は、爪水虫の白癬菌は爪の内部奥深くに入り込んでいるので、
その患部まで外用薬では届かなかったからです。

だから、内側から効かせる内服薬に頼らざるを得なかったわけです。
しかし、アメリカで特許を取った画期的な爪水虫の外用薬(塗り薬)が近年出現しました。

それが、Dr.Gクリアネイルです。

Dr.Gクリアネイルの画期的な点は、有効成分トルナフタートの効能で
硬い爪の上に塗っても、爪の上からジワジワと爪の中の患部まで
薬効成分が染み込んでいき白癬菌を殺す、ということです。

これにより、外用薬だけで内服薬に頼らなくても爪水虫の治療ができることが可能になったわけです。

当然、外用薬なので副作用もほとんどありません。
肝機能障害の方や妊婦さんも安心して使えるわけです。