最新情報

2015年6月30日
基礎知識
爪水虫に感染してしまった場合の対策について
一度感染してしまうと、足水虫に比べて治りにくいと言われる爪水虫。しかも自覚症状が無いのでなかなか気づかないうちに進行していたということがままあるようです。ここでは爪水虫になってしまった場合の一般的な対策を考えます。
2015年6月29日
心配ごと
爪水虫はうつる(伝染する)のか?
何らかの原因で、爪の中に白癬菌が入り込み棲みついて増殖することによって引き起こされる感染症が爪水虫(爪白癬)です。ここでは、この爪水虫が他にうつる(伝染する)のか?という点について考察していきたいと思います。
2015年6月28日
効果あり?
爪水虫には飲み薬しか効かないのか?
白癬菌が爪の内部に入り込んで爪水虫に感染してしまうと、患部が隠れてしまうため、なかなか塗り薬では治療が難しいと言われます。そこで、飲み薬(内服薬)による治療が多いのですが、その問題点を考察していきたいと思います。
2015年6月27日
薬について
爪水虫の治療薬としてのルリコン
カビの一種である白癬菌が爪の中に入り込み、そこに棲み付いて引き起こす感染症が爪水虫(爪白癬)。一度感染すると完治が厄介なため、様々な薬があります。ここでは、ルリコンが爪水虫に効果があるかを考察していきます。
2015年6月26日
こんな情報も
皮膚科で処方される爪水虫の塗り薬は効果があるの?
爪水虫は症状の進行状況によっては、塗り薬では治療が困難とも言われています。とはいえ、血液検査の結果や副作用を心配されて飲み薬治療を避ける方は塗り薬での治療となるので、 根気よく工夫しながら塗り薬治療を行なうことになります。皮膚科で処方される外用薬というのは市販薬でも同じ成分を使用している物が多いのである程度の効果は期待できます。

爪水虫に感染してしまった場合の対策について

一度感染してしまうと、足水虫に比べて治りにくいと言われる爪水虫。しかも自覚症状が無いのでなかなか気づかないうちに進行していたということがままあるようです。ここでは爪水虫になってしまった場合の一般的な対策を考えます。

爪水虫はうつる(伝染する)のか?

何らかの原因で、爪の中に白癬菌が入り込み棲みついて増殖することによって引き起こされる感染症が爪水虫(爪白癬)です。ここでは、この爪水虫が他にうつる(伝染する)のか?という点について考察していきたいと思います。

爪水虫には飲み薬しか効かないのか?

白癬菌が爪の内部に入り込んで爪水虫に感染してしまうと、患部が隠れてしまうため、なかなか塗り薬では治療が難しいと言われます。そこで、飲み薬(内服薬)による治療が多いのですが、その問題点を考察していきたいと思います。

爪水虫の治療薬としてのルリコン

カビの一種である白癬菌が爪の中に入り込み、そこに棲み付いて引き起こす感染症が爪水虫(爪白癬)。一度感染すると完治が厄介なため、様々な薬があります。ここでは、ルリコンが爪水虫に効果があるかを考察していきます。

皮膚科で処方される爪水虫の塗り薬は効果があるの?

爪水虫は症状の進行状況によっては、塗り薬では治療が困難とも言われています。とはいえ、血液検査の結果や副作用を心配されて飲み薬治療を避ける方は塗り薬での治療となるので、
根気よく工夫しながら塗り薬治療を行なうことになります。皮膚科で処方される外用薬というのは市販薬でも同じ成分を使用している物が多いのである程度の効果は期待できます。

爪水虫を自力で治すことはできますか?

爪水虫の治療というのは、症状の進行具合にもよりますが、病院で治療するとなると時間とお金がかかってしまいます。とはいえ、市販のお薬で治療する場合であっても、
同じであります。かえって保険が適用される病院治療の方が安くすむこともあるかと思います。爪水虫の治療方法についてお伝えします。

1歳の子にもうつってしまう爪水虫

水虫や爪水虫の原因とされる白癬菌は、年齢に関係なく菌が皮膚や爪の角質層に入り混んでしまえば誰もがうつってしまいます。肌に付着しただけではすぐにうつるということはありませんが
菌が好みやすい環境を作ってしまえばうつりやすくなりますし、家族に水虫や爪水虫の方がいればうつる可能性も高くなりますので、日頃からうつしてしまわないためにも気を付けなくてはなりません。

爪が厚くなってしまった爪水虫の治療について

爪水虫は、塗り薬と飲み薬での治療となりますが、通常でも層になった硬い爪への外用薬の治療は浸透しにくいために困難なのですが、症状によって分厚なってしまっている爪では、
さらに治療が難しくなります。ですが、分厚くなった爪というのは生え変わりにも影響しますので、形を整えて上げることと浸透性をあげるために適度な状態まで削って治療を行います。

爪水虫をろうそくで治療する民間療法はとても危険!

水虫や爪水虫の原因である白癬菌は、熱に弱いと言われており民間療法としてろうそくのロウを垂らして殺菌するという方法が紹介されています。
口コミでも効果があるという声が多いのですが、ろうそくを垂らす方法というのは、かえって症状を悪化させてしまう原因になることもあるのでおすすめできる方法ではありません。

爪水虫かなと思ったらまずは早めの検査を!

爪水虫は一般に知られている水虫とは違い、痒みや痛みなどの自覚症状がないために初期の段階では気づかずに放置してまうケースがほとんどであります。また、症状が進行してしまうと
その分治療に時間がかかってしまうので、何か爪に変化がある時には、白癬菌によるものかどうか検査で調べてみることが大切です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ